脳神経外科

脳神経外科治療について
neurosurgical treatment

日本医科大学千葉北総病院脳神経外科に勤務している先生が、毎週木曜の午前中に診察しております。
本院千葉ニュータウンクリニック(所在地:印西市内野)と医療連携もあり、本院にてCT撮影し、画像診断することが可能です。

医師紹介
Doctor introduction

医師 梅岡 克哉(うめおか かつや)

千葉北総病院では、顔面痙攣(自分の意志とは関係なく、顔がぴくぴく動く)や、三叉神経痛(突然起こる、顔面の激痛)、頭蓋底部脳腫瘍の外科的治療を専門としています。
顔面の痙攣や痛みが気になる方、頭痛やめまい、認知症など頭の病気が気になる方の診察をいたします。

医師 梅岡克哉(うめおかかつや)

経歴

日本医科大学千葉北総病院脳神経外科

専門

  • 日本脳神経外科専門医
  • 日本脳卒中学会専門医

脳の病気について
doctor introduction

慢性硬膜下血腫

頭蓋骨の内側で脳を包む硬膜という膜の下に血液が溜まる病気です。
中高年の方で、比較的軽微な頭部外傷後から1~2ヶ月後に起こります。
頭部外傷後、しばらくたって、頭痛や物忘れ、手足の麻痺が現れたら、慢性硬膜下血腫の可能性があります。局所麻酔での手術で治療することができます。

水頭症

頭蓋内にある脳脊髄液が溜まりすぎることによって起こります。
歩行障害・認知症・尿失禁が特徴的な症状です。
頭部CTにて診断できます。シャント術により、過剰に溜まった脳脊髄液を排出することで治療できます。

脳梗塞

脳に血液を送る動脈が詰まることによって起こります。
手足の麻痺や構語障害(呂律が回らない)、意識障害等の症状が起こります。
急性期には入院での治療が必要です。
再発予防の内服加療を続ける必要があります。

顔面痙攣

自分の意志とは関係なく、片側の顔面がぴくぴく動く病気です。
内服薬やボトックス注射で症状を和らげることができます。
根治的な治療のためには、手術が必要です。

三叉神経痛

顔面の一部に激痛が起こる病気です。
内服薬にて治療ができます。
薬でコントロール出来なくなると、手術が必要となります。

-